Home >その他 >(中止会場)第15回全国手話検定試験

(中止会場)第15回全国手話検定試験

2020.9.30 

 日々手話の学習を頑張っておられている全国の皆様におかれましては、来年2月の全国手話検定試験が実施されるのか、非常にご心配いただいていることと存じます。
 つきましては各都道府県の実施状況について掲載させていただきます。
(例年の周知文書(チラシ)は10月下旬発送となります。ご迷惑をおかけしお詫び申し上げます)。 
 申込期間は11月1日(日)~12月16日(水)です。

(試験実施会場一覧)9月時点
PDF会場一覧

 実施会場は今後の社会情勢によって変更がある可能性がございます。
 新型コロナウィルス感染症による影響により、今回は限られた地域での試験実施となります。さらには感染症対策のため、以下の制限を設けさせていただいております。
 第15回は可能な範囲での試験実施であり、希望される皆様の受験が非常に困難な状況であること、ご理解いただきますようお願いいたします。

(申込について) 
 ①「お住まいの地域(府県)の会場での受験となること」
 ②「会場試験は定員を設けており、定員に達した会場は申し込みを締め切ること」
 大規模会場の試験中止に伴い、多くの方々が他県へ申し込まれることが想定され、受験者様・実施会場の運営にご協力いただく地域試験委員会の皆様の安全のため上記のような措置をとらせていただいております。なお各会場の申込・締切の状況は随時HPに掲載させていただきます。
 中止となった地域にお住まいの方の受験機会としましては、2021年3月に実施予定のインターネットによる全国手話検定試験にお申し込みいただきますようお願いいたします(概要は最下部をご覧ください)。
 
(試験当日の注意について)
・試験当日の朝、次のいずれかに該当する場合は来場をお控えください。
 ①37.5度以上の発熱がある
 ②のどの痛みや、強いだるさがある
 ③せきがある。息苦しさがある
 ④試験日までの過去2週間以内に海外への渡航歴がある。また、そのような方との濃厚接触がある
 ⑤試験日までの過去2週間以内に新型コロナウィルス感染症陽性と診断された方との濃厚接触がある
 ⑥同居している方が①~⑤のいずれかの項目に当てはまる
・試験当日に発症者が出た場合に備えるため、個人情報を必要に応じて保健所等の公的機関や試験会場に提供する場合があります。
・会場受付で非接触体温計での検温、手指の消毒を行います。会場内では換気を行うため防寒対策をしてください。
・試験会場では常時マスクを着用してください。着用いただけない場合は受験をお断りする場合があります。
・面接試験時ではマスクを外しても、着用したままでも構いません。
・試験会場ではロビーや休憩スペースなどで密集したり、大声で会話をしたりしないようにご協力をお願いします。

 

 (インターネット試験の概要)
 インターネット試験は「読み取り/筆記試験」をインターネットで回答、
  「面接試験」はオンライン会議システムZoomを利用した試験 として現在作業システム構築を進めております。
    なお、インターネット試験はどなたでもお申し込みいただけます
    (申込開始は12月の予定です)。

 

Sponsored by

Copyright(c) 2003-2020Japan National Center of Sign Language Education社会福祉法人全国手話研修センター All Rights Reserved.