Home >就労支援センターとも>ともの概要・沿革・利用について

ともの概要・沿革・利用について 

ともロゴ01

とも事務所

とも事務所外観

 

 

 

 

 

就労支援センターとも概要

[2014(平成26)年12月1日現在]

1 設置・運営主体 社会福祉法人全国手話研修センター 理事長 黒﨑 信幸

2 事業所名称   就労支援センターとも

3 所在地     京都市右京区嵯峨天龍寺広道町3番地の4

4 事業開始    2009(平成21)年4月1日

5 実施事業    障害者就労継続支援A型事業

6 とも職員数(利用者)  定員40名(登録55名)

7 とも職員の状況

●聴覚障害 21名

●精神障害 18名(発達障害3名含む)

●知的障害 15名

●身体障害  1名

8 スタッフ数

管理者1名(常勤・兼務)

サービス管理責任者1名(常勤)

指導員・支援員22名(常勤9名、非常勤13名、兼務4名)

手話通訳者1名(常勤)

9 労働条件

●障害の程度、体調に合わせ、1日4時間から8時間

●労働時間帯は、仕事の内容に合わせて変動

●789円/1時間の最低賃金を保障(一部除外申請をする人があります)

●各種保険制度に加入(働く時間によります)

10 利用料 なし(負担減免措置実施)

 

施設の特徴

1 ともは、身体障害、知的障害、精神障害の利用者が55名働いています。当センターは基本的に障害種別は問いません。

2 当センターの中心的業務は清掃、ベッドメーキングですが、この業務は年中無休です。従って利用者の皆さんはシフトにより、働いています。

3 当センターの運営母体は、社会福祉法人全国手話研修センターであり、手話のできる職員が多数います。手話でのコミュニケーションが可能ですので、ろう者の皆さんも安心して働いています。

 

就労支援センターともの利用について

ともの利用者は、ハローワークを通じて募集しています。お近くのハローワークまたは、京都障害者職業相談室にお問い合わせ下さい。

 

沿 

2009(平成21)年 4月

就労支援センターとも 開設。当初の事業は、「コミュニティ嵯峨野」施設の清掃・ベッドメイキング。

2011(平成23)年

京都市洛西ふれあいの里保養研修センター(ふれあい会館)清掃業務開始

「京都 京町家の宿」清掃業務開始(3軒)

2014(平成26)年

就労支援センターとも 設立5周年記念

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2003-2017National Center of Sign Language Education社会福祉法人全国手話研修センター All Rights Reserved.