Home » 就労準備支援事業(就労体験)

就労準備支援事業(就労体験) 

就労準備支援事業(就労体験)

oguri12012(平成24)年5月、空気と水に恵まれた自然が広がる亀岡の地において、亀岡事業所おぐりはスタートしました。2012(平成24)年度より京都府日常生活等自立支援事業を、2015(平成27)年度は京都府中間的就労創出事業を京都府の委託事業として、また2016(平成28)年度からは生活困窮者等就労準備支援事業を南丹地域二市一町(亀岡市・南丹市・京丹波町)の委託事業として行っております。生活に不安を抱えておられる方々へ就労体験の場を提供することで、自立を目指すサポートをしています。

oguri2

《対象となる方々》

南丹地域二市一町(亀岡市・南丹市・京丹波町)にお住まいで、生活に不安を抱えておられ、就労訓練・支援が必要とされる方。

 

 

oguri3《ステップ1》

まずは農園での就労体験からスタートです。亀岡市薭田野町にある「おぐり農園」にて作業します(栽培→収穫→出荷)。生活習慣の回復、社会性やコミュニケーション能力の向上を目指します。農作業をしたことがない方、体調に不安がある方でもスムーズに取り組めるよう、ひとりひとりに応じた作業内容となっています。

 

oguri4

《ステップ2》

「おぐり農園」で収穫した亀岡産新鮮野菜を、京都市内にて販売・配達します。作業はスタッフと一緒に行いますので、ご安心下さい。

 

《ステップ3》

希望される方には、パソコン操作の体験をしていただけます。また、就労体験や日常生活の中での相談がある方は、気軽にスタッフにお話し下さい。各種相談機関と連携し、解決に向けてサポートします。

 

oguri4

亀岡事業所「おぐり」は開所以来、就労体験を通じて生活に不安を抱えておられる方々と歩んできました。今日があるから明日がある。日々ほんの少しの積み重ねが、未来をつくり出します。これからも、おぐりに来所される方々の目標に向かって新たな一歩を踏み出す勇気を大切にし、共に寄り添っていけたら…と考えています。

アクセスはこちら

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る
Copyright(c) 2003-2017National Center of Sign Language Education社会福祉法人全国手話研修センター All Rights Reserved.