海外のろう者へのインタビュー

 外国手話研究部では,財団法人日本障害者リハビリテーション協会のご協力により,「ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業」で来日する各国ろう者リーダーと面談して,それぞれの国の手話やろう者の生活,ろう教育などについて情報交換をおこなっています。多くの人々に諸外国の手話事情を知っていただければと思い,今後,ホームページ上にインタビュー内容をご紹介することにしました。

=========================

(2)ミャンマー&マレーシア

 2010年11月28日,全国身体障害者総合福祉センター戸山サンライズにて,2010年度ダスキン研修生のイー・ティンザー・トゥンさん(ミャンマー)とチャン・コック・シェングさん(マレーシア)にインタビューした内容をご紹介します。

(注)インタビューは,主に日本手話を使用しておこないました。ここでは,お二人にお答えいただいたままを記載しました。内容は,本人の認識に基づいていることをご了承ください。なお、必要に応じて「研究部」を付し、当研究部で把握している情報を参考まで記述しました。

<イー・ティンザー・トゥンさんへのインタビュー>

【ティンザーさんのプロフィール】
氏 名:イー・ティンザー・トゥン(Ms. Aye Thinzar Tun)女性、ろう者
愛 称:ティンザー
手話名:小指1本を立てて目尻を指す
出身地:ミャンマー、ヤンゴン
日本で学びたいこと:
  ・ろう者の職業訓練や就労
  ・ろう児にとって効果的な理科教授法
  ・ろう教育
  ・基礎的なコンピューター操作の習得
(参考:財団法人日本障害者リハビリテーション協会のウェブサイト)

研究員ティンザーさんの出身地を教えてください。
ティンザーミャンマー東南部のモン(Mon)州出身です。その後、ヤンゴン(Yangon)に転居して、メリー・チャップマン(Mary Chapman)ろう学校に入りました。

研究員ミャンマーの手話はどんな状況ですか?
ティンザー同じ国でも、ヤンゴンとマンダレーでは手話が違います。ヤンゴンで育った私は、マンダレーの手話が理解できません。

研究員ミャンマーでは、JICAのプロジェクトとして、手話の本の作成を進めていますね。
ティンザーはい。ヤンゴンとマンダレー(Mandalay)の両方のろう者が集まって、手話の統一を進めています。JICAの支援によって作られた手話の本を見ると、マンダレーの手話が多く採用されていて、ヤンゴンの手話はあまり採用されていないようでした。

研究員ミャンマーのろう教育の状況について教えてください。
ティンザーろう学校は、全国に3校あります。ヤンゴンにあるのはキリスト教系の私立学校で、マンダレーのろう学校と北部の新設校は国立の学校です。

研究員あなたが通っていたヤンゴンのろう学校の様子について教えてください。
ティンザーろう学校では口話ではなく、手話を使って教わりました。ヤンゴンのろう学校は、幼稚部、小学部、中学部で構成されています。
研究員ヤンゴンのろう学校には、生徒と教員がどれくらいいますか?
ティンザー現在、生徒が364人います。教員は53人いて、聴者が50人、ろう者が3人です。このほかに、ボランティアとして学校に関わっているろう者が15人います。私もそのボランティアのひとりです。

研究員テレビの情報保障の状況はどうですか?
ティンザーテレビに手話通訳はないのですが、字幕はあります。

研究員これまで、どんな仕事をされてきましたか?
ティンザー私は、クモン(公文)センター(Kumon Center)の算数の採点指導と、ろう児学習センターでの手話指導をしていました。このほか、ろう学校のボランティアにも参加しています。

研究員来日研修に参加したきっかけは何でしたか?
ティンザーろう児学習センターの教員の勧めで、来日研修の試験を受けました。ビルマ語と英語の試験を突破して、6人の候補者のうち、私が選ばれました。

研究員外国での滞在は初めてですか?
ティンザー:はい。今回の来日研修が、初めての海外経験です。
研究員研修が終わって帰国したら、その後はどうされますか?
ティンザー今回、研修に参加するために仕事を辞めてきました。でも、帰国後は再び採用試験を受けて、前と同じ教育の現場に戻りたいと思います。

研究員ティンザーさん、今日はいろいろ教えていただき,ありがとうございました。

[研究部注1]ヤンゴンのろう学校は、正確にはNGOによって運営される学校である。また、3校目の「北部の新設校」とは、ろう者が多い障害者施設のことを指していると思われる。

<チャン・コック・シェングさんへのインタビュー>

【コックシェングさんのプロフィール】
氏 名:チャン・コック・シェング(Mr. Chan Kok Sheng)男性、ろう者
愛 称:コックシェング
手話名: 右こめかみでK-S
出身地:マレーシア、ジョホールバル
日本で学びたいこと:
  ・ろう者のエンパワメント
 ・ろう者が安心して暮らせるための相談業務
 ・リーダーシップの向上
(参考:財団法人日本障害者リハビリテーション協会のウェブサイト)

研究員コックシェングさんのご出身はどちらですか。
コックシェングマレー半島南部のジョホール(Johor)出身です。ジョホールのろう学校に通いました。

研究員マレーシアの手話はどんな状況ですか?
コックシェングマレーシアの手話は、地域によって異なります。かつてはアメリカ手話の影響もありましたが、近年では少なくなってきています。

研究員マレーシアのろう教育の様子について教えてください。
コックシェングろう学校は、全国に20校ほどあります。
研究員あなたが通っていたジョホールのろう学校の様子はどうでしたか?
コックシェングジョホールのろう学校では、口話でなく、手話で教わって育ちました。現在のろう学校には、小学部と中学部があります。生徒数は100人くらいです。
研究員生徒は、中学部を卒業したらどうするんですか?
コックシェング高等部からは、ペナン(Penang)のろう学校に行くことになります。

研究員テレビの情報保障の状況はどうですか?
コックシェングテレビでは、ニュースの時間に手話通訳が付くことがあります。

研究員これまで、どんな仕事をされてきましたか?
コックシェング私は、ろう者協会で聴者に対する手話指導をしてきました。だいたい、1クラスの人数は30人から50人くらいです。
研究員来日研修に参加したきっかけは何でしたか?
コックシェングろう者協会の紹介で、来日研修のことを知りました。また、妻の勧めもあって応募しました。採用されて、両親(聴者)は喜んでくれました。

研究員ご家族は、マレーシアにいるんですよね?
コックシェングはい。妻(ろう者)はマレーシアで仕事をしていて、私の帰国を待っています。

研究員外国での滞在は初めてですか?
コックシェングいいえ、これまでは、中国の上海と、シンガポールを訪れたことがあります。シンガポールはジョホールから車で10分という近距離ですが、物価がとても高かったことを覚えています。

研究員日本の印象は?
コックシェング地震が怖いと思うことがありますね。

研究員研修が終わって帰国したらどうされますか?
コックシェング帰国後は、グラフィックデザイナーを目指したいと思います。

研究員コックシェングさん、今日はいろいろ教えていただき,ありがとうございました。

(財)日本障害者リハビリテーション協会〔ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業〕
  http://www.normanet.ne.jp/~duskin/index.html

(1)フィジー&インド

 2010年5月22日,新宿区立障害者福祉センターにて,2009年度ダスキン研修生のノアさん(フィジー)とアルティさん(インド)にインタビューした内容をご紹介します。

 (注)インタビューは,主に日本手話を使用しておこないました。ここでは,お二人にお答えいただいたままを記載しました。内容は,本人の認識に基づいていることをご了承ください。

 

<ノアさんへのインタビュー>

研究員:ノアさんの出身地を教えてください。
ノ  ア:フィジーのスバ(Suva)出身です。

研究員:まず,フィジーのろう者協会について教えてください。
ノ  ア:フィジーろう者協会は2002年に設立されました。ろう者人口は約4,000人です。
このうち,ろう者協会の会員は2,500人ほどです。会費は年間10米ドル相当です。ろう者協会には政府から補助金が支給されます。半年ごとに活動報告書を政府に提出して給付を受けています。

研究員:フィジーにろう学校はいくつありますか。
ノ  ア:ろう学校はフィジーに1つだけです。幼稚部,小等部,中等部があります。
研究員:高等部はないのですか。
ノ  ア:ろう学校に高等部はありません。高校からはいわゆるインクルーシブ教育となり,普通校で教育を受けます。普通校では手話通訳が付きます。私が現在教えているのも,こうした高校(Gospel High School)です。私は,高校で手話を指導しています。

研究員:ノアさんが勤務する学校に手話通訳者は何人いるのですか。
ノ  ア:通訳の資格を有している人は5人。ほかに,資格はありませんが,まずまず手話通訳ができる人が5人ほどいます。

研究員:手話通訳者協会はあるのですか。
ノ  ア:手話通訳者協会はありません。通訳者組織は,フィジーろう者協会の中に含まれています。

研究員:通訳者の養成事業はありますか。
ノ  ア:あります。3年間の講習で,初級・専門・通訳レベルに分かれています。手話通訳者になるためには試験があります。読み取り(筆記),聞き取り表現のほかに,筆記試験があります。試験を主催するのはろう者協会です。

研究員:ふたたび,ろう学校についてうかがいます。ろう学校では手話を使っていますか。それとも口話教育ですか。
ノ  ア:ろう学校の教育法は口話法ではなく,昔から手話教育です。ただ,2007年からは,「フィジー手話」を尊重していくという方針が明確にされました。今では,ろう学校ではフィジー手話オンリーとなりました。フィジー手話の本が2005年に編集されたのですが,そのころからフィジー手話オンリーとなったのです。

研究員:それまではどのような手話が使われていたのですか。
ノ  ア:オーストラリア手話,ASL(アメリカ手話),BSL(イギリス手話)などが混在していました。フィジー手話の本は,オーストラリアのボランティア組織(Australian Volunteers International)から派遣されたボランティアが2年間かかって編集しました。

研究員:フィジー政府は,手話を言語と認識していますか。
ノ  ア:言語としての手話については,現在,教育省と交渉中です。

研究員:ろう者は学校を卒業後,どのような仕事に就くのですか。
ノ  ア:ろう者は高校卒業後,その多くは就職します。就職先として多いのは,バス工場や魚加工業です。そのほか,マクドナルドに勤務したり,漁師となる者も多いです。中には,大学へ進学する者もいます。

研究員:大学に進学した場合,手話通訳は付くのですか。
ノ  ア:はい。大学では手話通訳が付きます。多くのろう者が行く大学は,USP(University of South Pacific)です。教育省がろう者協会に依頼して手話通訳を派遣します。

研究員:最後の質問ですが,フィジーでは,ろう者は運転免許の取得は可能ですか。
ノ  ア:運転免許証取得は認められています。運転する際に,補聴器着用の義務はありません。

研究員:きょうはいろいろ教えていただき,ありがとうございました。

 

<アルティさんへのインタビュー>

研究員:アルティさんのご出身はどちらですか。
アルティ:インドのムンバイ出身です。


研究員
:では,インドのろう者とろう者協会についてお話を聞かせてください。
アルティ:インドのろう者はおよそ400万人といわれています。インド国内に,ろう者協会はたくさんあります。いくつ設立されているのかわかりませんので,ろう者協会の会員数についても,人数は把握していません。

研究員:インドで話される言語は種類が多いと聞いています。手話の種類も多いのでしょうか。また,手話は標準化されていますか。
アルティ:インドでは,10年前の2001年に手話の本が発行されました。しかし,そこに紹介されているのは,インドの一地域の手話であり,全国の手話の収集はおこなわれていません。地域による手話の違いが大きいので,全国のろう者が集まった際には,通訳に困ると手話通訳者が言っているそうです。

研究員:インドでは海外の手話の影響もありますか。
アルティ:ギャローデッド大学に留学するろう者もおり,そうした留学帰国者がASLを持ち帰り,手話が混在する結果となっています。

研究員:インド政府は,手話をろう者の第一言語と認めていますか。
アルティ:まだ認めていませんが,現在,交渉中です。

研究員:アルティさんの現在のお仕事は何ですか。
アルティ:2年前に大学を卒業し(専攻は商業),現在は英語の教授法を勉強中です。それと同時に,ろうの生徒を対象に英語を教えています。大学在学中は,手話に興味をもつ友人がいたので,その友人に手話を教える替わりに,友人に手話通訳をしてもらいました。大学卒業後,ろう者協会に行って初めて手話通訳という制度があることを知りました。

研究員:大学では,手話通訳を付けてもらえないのでしょうか。
アルティ:一般に,大学で勉強する際の手話通訳を依頼するのは難しいです。ただ,インドでは,非政府組織のイシャラ財団(Ishara Foundation)が,デリーにろう者の大学を設立する準備をしています。手話だけを使用する大学となる予定であり,IGNOU (Indira Gandhi National Open University)の中に設置されることになっています。

研究員:障害者福祉についてうかがいます。障害者はどのような割引サービスを受けることができますか。障害者手帳はあるのですか。
アルティ:私の出身地ムンバイでは,障害者はバス運賃の半額減免のみであり,他の割引はありません。障害者手帳に相当するものはありますが,サイズがとても大きくて,A4サイズぐらいです。携帯には不便ですね。

研究員:運転免許は取得できますか。
アルティ:ろう者の運転免許証の取得は,ちょうど5カ月前から認められるようになりましたが,詳細はわかりません。

研究員:いろいろ情報をご提供いただき,ありがとうございました。

(財)日本障害者リハビリテーション協会〔ダスキン・アジア太平洋障害者リーダー育成事業〕
    http://www.normanet.ne.jp/~duskin/index.html

(6)ネパール&ラオス

(5)モルディブ

(4)シンガポール

(3)ネパール&フィジー