Home >その他 >『手話・言語・コミュニケーション』第8号発売

『手話・言語・コミュニケーション』第8号発売

2020.2.26 

2020月2月13日に『手話・言語・コミュニケーション』第8号が刊行されました。

第8号 (「手話コミュニケーション研究」改題通算67号)
http://www.com-sagano.com/test/wp/wp-content/uploads/2020/02/sllc08.jpg 販売中
発行:2020(令和2)年2月13日
定価:1,818円(税込2,000円)
 
巻頭言
―やさしい社会を明石から-  泉 房穂
 
特別寄稿 ろう教育編
京都府立聾学校文化財指定資料とその意義 酒井 弘
学生懇談会時代の思い出から 中川 綾
藤本敏文の青春 西滝 憲彦
 
論文
聾学校における手話教育の系統性の在り方(後編)
 尾田 将史・大杉 豊
 
シリーズ手話の歴史4
山形手話の歴史 小松 幸悦
秋田手話の歴史、試(私)論 加藤 薫
「手話の歴史」について 大杉 豊
 
連載
身振りから手話へ、音声から音声語へ(8) 髙田 英一
ある人生 わが半生の記(全編)大矢 暹
月曜男の物語(1)
 
全国聾学校歴史年表〈北海道・東北〉
事務局だより

購入時は、こちらの申し込みチラシをご参照ください

Sponsored by

Copyright(c) 2003-2020National Center of Sign Language Education社会福祉法人全国手話研修センター All Rights Reserved.