Home >手話通訳事業 >日本手話研究所 >『手話・言語・コミュニケーション』第7号発売

『手話・言語・コミュニケーション』第7号発売

2019.7.19 

2019月7月10日に『手話・言語・コミュニケーション』第7号が刊行されました。

第7号 (「手話コミュニケーション研究」改題通算66号)
販売中
発行:2019(令和元)年7月10日
定価:1,852円(税込2,000円)10月から2,037円に値上
 
巻頭言
―漫画・言語・コミュニケーション-  山本 おさむ
 
特集 手話の歴史3
広島手話の歴史  大西 章䧺
富山手話の歴史  橘 勇一
山梨手話の歴史  飯島 康夫
 
論文
聾学校における手話教育の系統性の在り方(前編)
                                                         尾田 将史・大杉 豊
 
特別寄稿
カッコ悪い私のスタートライン
―自転車で日本縦断の旅をして 今村 彩子
佐藤在寛、その人物像と純口話法批判・手話擁護論 清野 茂
 
連載
身振りから手話へ、音声から音声語へ(7) 髙田 英一
ある人生「ボクの学校」 植野 慶也
 
書評
『京都府北部手話の歴史』(薗田 日出雄) 芦田 雅哉
 
事務局だより
標準手話確定普及、ろう教育研究部、外国手話研究部

購入時は、こちらの申し込みチラシをご参照ください

Sponsored by

Copyright(c) 2003-2019National Center of Sign Language Education社会福祉法人全国手話研修センター All Rights Reserved.