Home >手話通訳事業 >研修会 >【ご紹介】講師リーダー養成研修会 関東ブロック(山梨県)

【ご紹介】講師リーダー養成研修会 関東ブロック(山梨県)

2015.8.7 

2015年6月19~21日、山梨市民会館にて「講師リーダー養成研修会」を実施しました。

この研修は、厚生労働省の委託を受けて2013年度より開催しています。
2013・2014年度は、2014年度に発行した通訳者養成及び奉仕員養成の新テキストの改訂ポイント講義および演習を通してリーダー養成研修を行いました。
新テキスト発行より1年が経ち、2015年度は指導経験者を対象に、新テキストの中でも特に指導が難しい講座の解説や演習を通して、通訳者養成及び奉仕員養成講師の指導力・質の向上を図ります。

関東ブロックで実施しました研修の内容をご紹介します。

【手話奉仕員養成担当講師リーダー養成研修会】
日程 2015年6月19日(金)〜20日(土)1泊2日
奉仕員研修カリキュラム

2015kanto-ho-kogi1、講義 3時間45分
手話奉仕員養成事業および新奉仕員養成テキスト『手話を学ぼう 手話で話そう』の概要を確認した後、指導が難しいという意見のあった講座について解説と質疑応答を行いました。事前に受講者から出された「質問票」もふまえた内容でした。
<受講者からの感想>
・実際に指導をしている立場から、奉仕員養成講座の受講者がつまづくところ、指導上の疑問等が出され参考になった。

・しっかり教材の内容を確認して進める事が大事だと思った。
・2回目を受講したことで悩んでいたことが解消された。
  

2、グループディスカッション 2時間15分
4グループに分かれて話し合いたいテーマで討議をし、話し合った内容を発表しました。
テーマは、「講師のあり方(ろう講師・健聴講師の協働について)」「各地域における講習会の状況(DVD、助手の存在、進め方など)」「講座運営上の悩み(基礎講座が開けない)」などがありました。
<受講者からの感想>
・グループ討議では、他の県のやり方・指導内容が分かりとても参考になった。
2015kanto-ho-group

3、演習 3時間
(1)第33講座「意味に合った手話」について、グループで教材研究をしてから、1グループが模擬指導をしました。模擬指導後は、模擬担当者、受講者役(健聴者)、観察者(ろう者)より意見を出し合いました。
(2)第35講座「基本文法のまとめ」(DVDを使った指導)について、講師によるモデル講座をしました。
<受講者からの感想>
・他の人に自分の指導を評価してもらうことは日頃はあまりできない。くりかえし行ないたい。

2015kanto-ho-mogi 2015kanto-ho-model

【奉仕員・通訳者 合同研修】
 講義「意思疎通支援、手話言語を巡る現状」 1時間半
日程 2015年6月20日(土)
全日本ろうあ連盟 情報・コミュニケーション委員会による講義をしていただきました。
(1)意思疎通支援事業の概要
(2)手話言語法・条例制定の取り組み
(3)手話奉仕員・手話通訳者養成における連盟の方針
(4)意思疎通支援講師養成カリキュラム等制定事業
<受講者からの感想>
・わかりやすい例を出して話して頂き内容がつかめた。
「何が必要、なぜ必要」かもよくわかった。


【手話通訳者養成担当講師リーダー養成研修会】

日程 2015年6月20日(土)〜21日(日)1泊2日
通訳者研修カリキュラム

2015kanto-sya-kogiはじめに
手話通訳1・手話通訳2・手話通訳3の位置づけを確認し、手話通訳2の導入について演習を行いました。
<受講者からの感想>
・通訳養成講座を始めるとき、受講者が学習目的を知り学習意欲を高めるための導入のしかたがすごく勉強になった。

1.事例検討 3時間
手話通訳2-ホップ ステップ ジャンプ-』より、場面通訳と事例検討のセット学習が組み入れられました。セット学習の意図を確認したあと、グループごとに第23講座の事例検討を行い、指導の留意点を学習しました。
<受講者からの感想>
・指導する際のポイントと具体的な進め方、支援のしかたがとても参考になった。

受講者に対する“ことば”の選択や発問のタイミング、引き出し方など、自分が足りない部分がよくわかった。
 
2015kanto-sya-jirei1 2015kanto-sya-jirei2

2015kanto-sya-roleplaying2.ロールプレイ 3時間
第30講座ロールプレイの演習を通して指導の留意点を学習しました。
<受講者からの感想>
 ・ロールプレイの目的を改めて確認でき、実際にやってみると難しいことが実感できたので、ロールプレイをする前の説明のポイントが分かった。

3.要約学習 1時間半
要約学習で指導すること、Ⅰ・Ⅱの各講座の位置づけ等を確認したあと、手話通訳Ⅱ 第4講座の「見て要約」の演習をしました。
<受講者からの感想>
・日本語を意識しないで「手話を見る」指導が本当にむずかしいので、今日の方法を参考に工夫してみたい。

4.指導が難しい講座(ブロックごとに決定)1時間半
事前に受講者より寄せられた「質問票」で1〜3以外の内容に対して、講師からの解説や意見交換を行いました。
 <受講者からの感想>
・指導上の悩みを共有することで課題が解決できた。地域に持ち帰り報告したい。
・リーダー研修会のカリキュラムは、講師として悩んでいた内容が反映されており、とても勉強になった。


研修実施にあたって、全日本ろうあ連盟のブロック組織および開催県協会の皆様にご協力をいただいております。心よりお礼申し上げます。

この研修は、全日本ろうあ連盟加盟9ブロックで開催します。
カリキュラムは9ブロック共通ですが、状況により内容や進め方が異なる場合があります。
今後も順次、各ブロックのご協力を得て実施いたしますので、皆様のご参加を心よりお待ちしております。
各研修の詳細および申込方法は、記事「2015(平成27)年度 講師リーダー養成研修会(通訳者・奉仕員)を開催いたします」をご覧ください。

【講師リーダー養成研修会担当 問い合わせ先】
企画課 FAX 075-873-2647 TEL 075-873-2646

 

 

Copyright(c) 2003-2017National Center of Sign Language Education社会福祉法人全国手話研修センター All Rights Reserved.