Home >イベント >第12回さがの映像祭 映像作品を募集いたします!(締切11/30)

第12回さがの映像祭 映像作品を募集いたします!(締切11/30)

2015.4.10 

きこえない人もきこえる人も楽しめる映像作品を応募しませんか?

今年度も「第12回さがの映像祭」を2016年1月に開催予定です。開催にあたって映像作品を募集いたします。ふるってご応募ください!

2015eizo-bosyu-image

応募締切:2015年11月30日(月)…募集は締め切りました。

●手話や字幕を付与するなど聴覚障害者が理解できる作品
●応募ツールはビデオ、DVDなど不問です。
●ここ2年以内に制作したもので20分以内(5分、10分でも可)。
●1団体(もしくは1個人)1作品まで。
●出品料は無料。
●応募資格
①聴覚障害者個人
②聴覚障害者を含むグループ(学校等含む)
③聴覚障害者関連施設(聴覚障害者情報提供施設など)
※聴覚障害者情報提供施設はプロとして別部門と考え、審査予定です。

その他詳細については応募要項および申込書をご覧ください(PDFファイル939KB A4 2p)。
応募の際は、必ず応募要項をご覧ください。

【2015.10.9追記】
上記の応募要項には、映像祭予定日程が1月16~17日とありますが、2016年1月23日(土)~24日(日)に変更となりました。

~~皆様のご応募を心よりお待ちしております~~

【応募先および応募に関するお問い合わせ】
特定非営利活動法人 CS障害者放送統一機構「第12回さがの映像祭」係
〒530-0044 大阪市北区東天満2-7-12スターポート
FAX 06-6242-6502 TEL 06-6242-6501

 

fukagawa-syo

深川勝三・睦賞トロフィー

【お知らせ】

2014年度より「深川勝三・睦賞(ふかがわかつぞう・むつみ)」を新設しました!
深川勝三監督は、昭和30~40年代に活躍されたろう者の映画監督です。ビデオが普及し始めた当時、1巻たった3分で切れる8ミリフィルムを使い、49歳で病気のため療養生活に入るまでの12年の間に、2時間以上の長編映画を4本も製作され、5本目となった「たき火」も8年の歳月をかけて撮影されました。

40代まで精力的に映画制作に取り組まれた深川監督にちなみ、40歳以下の聴覚障害者に今後の期待を込めて、睦聾唖映画保存会(前身は深川監督が昭和35年に設立された「睦聾唖映画演劇研究会」)より「深川勝三・睦賞」を贈ります。

 

 

年度をクリックすると、過去の映像祭のページが開きます。
受賞作品や企画内容を紹介しています。
◆2014年度 第11回きょうと聴覚障害者映像祭

◆2013年度 第10回さがの聴覚障害者映像祭
◆これまでの映像祭一覧

【お問い合わせ】
第10回さがの映像祭実行委員会 事務局(社会福祉法人全国手話研修センター企画課)
FAX 075-873-2647 TEL 075-873-2646

 

 

Sponsored by

Copyright(c) 2003-2018National Center of Sign Language Education社会福祉法人全国手話研修センター All Rights Reserved.