Home >センターについて>法人について>理事長あいさつ

理事長あいさつ 

ごあいさつ

社会福祉法人全国手話研修センター理事長
黒﨑 信幸

社会福祉法人全国手話研修センターは、一般財団法人全日本ろうあ連盟、一般社団法人全国手話通訳問題研究会、一般社団法人日本手話通訳士協会、並びに全国の手話サークルが「手話の拠点」としての願いを込めて 2002(平成 14)年に設立しました。

手話奉仕員や手話通訳者を養成する担当講師のための講座や、新しい手話を研究・確定する厚生労働省の委託事業を行い、それに関連する書籍の発行もしています。さらに独自の事業として、全国的な手話通訳制度の確立を願って「手話通訳者全国統一試験」の実施、手話の国民的普及を図る「全国手話検定試験」や「手話研究」等、全国の仲間の献身的なご協力をいただきながら、事業の発展に努めてまいりました。

ろうあ者を先頭にして、手話の社会的認知を求めてきた私たちの運動は、「手話は言語である」と法律に明記される新しい時代を迎えました。このことは手話を明確な言語として高め、広く社会に手話を浸透させる責務が全国手話研修センターに求められている、と自覚を新たにしているところであります。

新たな取り組みに向かって鋭意努力する一方、難しい課題も山積していますが、困難な場面に対して「全国手話研修センターは手話に関わるみんなの拠点」と認識して関係者が一丸となり、全国手話研修センターを支え、未来に希望を持てる取り組みも進められています。

拠点施設は全国の仲間に意識されてこそ「全国手話研修センター」ですので、積極的な利用と提言を心からお願いいたします。

 

 

ページトップへ戻る

Sponsored by

Copyright(c) 2003-2017National Center of Sign Language Education社会福祉法人全国手話研修センター All Rights Reserved.